講師との出会いで、苦手科目が得点源に変わった!河合塾の授業を活用して東大合格を手に入れた勉強法とは?

はじめに

みなさんは、苦手科目の克服にどのように向き合っているでしょうか。自分だけではどうにも克服できず、悩んでいる方はいませんか?

今回は、河合塾での受験生活を経て東京大学に現役合格された、道橋陸さんにインタビュー。

河合塾で出会った講師の影響で、苦手科目の勉強法や成績が大きく変わったという道橋さん。どのような勉強をしていたのか、合格までの道のりを語っていただきました。

今回インタビューした方はこちら!

リザードンv sa リザードンVstar hr 道橋陸さん
出身高校 さいたま市立浦和高校
大学・学部・学年 東京大学・理科二類・1年
他の合格大学 慶應大学・理工学部・学問C
早稲田大学・創造理工学部・経営システム工学科
Apple Watch アップルウォッチ ガラス保護フィルム 38mm用C
法政大学・理工学部・経営システム工学科
河合塾入塾時期 高校2年の4月

中学生の頃から一途に東大をめざし続ける

東京大学を志望した理由を教えてください。

希少TOUR BENCH COATと REVRSIBLE BUOUSONセット

せっかく勉強するのならトップレベルをめざしたいという思いから東京大学をめざすようになりました。最初は志望科類まで決めていたわけではありませんでしたが、高校1年生の模試から、東京大学を第一志望の欄に書いていましたね。

【新品未使用】ナイキ NIKE エアリフト 24cm スニーカー

他の大学が全く頭になかったわけではありません。実は、両親には高校3年生の前半までずっと東京工業大学を勧められていました。というのも、自分が学びたい分野である経営工学を学ぶ場所が、「工学院経営工学系」として確立されていたからです。東京大学には経営工学と名のついた科はありません。しかし、どうしても「東京大学に行きたい」という気持ちが大きく、第一志望校を東大から変えたことはありませんでしたね

また、経営工学だけでなく、経済学にも興味があったことも、他ではなく東京大学に魅力を感じた理由の一つです。東京大学では、進学振り分け制度がとられているため、2年生になってから学部を決めることができます。その柔軟さに惹かれていました。実際に、僕は理系ですが、現在文転も視野に入れているほどです。

提示された範囲は完璧をめざす 課外活動と勉強の両立

高校時代の生活についてお聞きしたいと思います。力を入れていた課外活動はありますか。

テニス部に所属していたので、平日は毎日、土日もどちらか1日は練習や試合がありました。そこまで規模の大きい部ではありませんでしたが、長期休暇にも頻繁に活動していましたね。2年生の3月に引退するまで、かなりの時間を割いて精力的に練習をしていましたよ。

加えて、生徒会にも所属していました。1年生から補佐的な役割を担い、2年生では副会長を務めました。文化祭の時期になると企画運営で忙しかったですね。

☆モンスターハイ☆

定期テストを中心に勉強計画を立てることで、着実に実力をあげるよう心がけていました。どの科目でも、知識の積み重ねが大事だと思っています。定期テストでは、一度範囲になった箇所は、基本的にそのテストでしか重点的に問われないため、一度定期テストの勉強をさぼってしまうと、知識に穴が生まれてしまいます。

コロ様専用♡定期テストの範囲ごとにしっかり取り組んで頭に入れることで、特定の時期に莫大な勉強量に追われることのないようにしていました。これが、課外活動の時間を継続的にとるために意識していたことですね。

【新品未使用】ナイキ NIKE エアリフト 24cm スニーカー

定期テストのような、あらかじめ範囲が提示されるものには真面目に取り組むことができましたが、自分で範囲を決め、計画を立てて勉強することは苦手だったので、受験勉強を本格的に始めるとなると不安がありました。

模試で、数学などに比べ、英語の偏差値が低かったのも悩みでしたね。

河合塾の講師との出会いが英語への取り組みを変える

河合塾入塾のきっかけを教えてください。

自分で計画を立てるのが苦手というのがあったので、両親との間でも、受験のために塾に通った方が良いというのは共通認識でした。なので高校1年生でいろいろな塾の体験授業に行きました。その中で、河合塾で受けた英語の授業の講師が強く印象に残ったんです

東大英語を担当している久恒先生だったのですが、博識でありながら優しい雰囲気で、怒られながら勉強するよりも褒められて伸びる自分のタイプとあっていたこともあり、「この先生に教わりたいな」と感じました。そこで、高2になると同時に、河合塾に入塾を決めましたね。

河合塾に入ってみて、イメージと違うことはありましたか?

入塾前は、高校で受けていた模試の難易度から想像して、他の予備校のほうがレベルが高いのではないかというイメージを持っていました。しかし授業を受けてみると、講師も東大の入試問題を研究しているような方たちでしたし、集まっていている生徒も意識が高く、入塾前のイメージ以上にハイレベルな授業が受けられましたね

入塾の際に、何か不安はありましたか?

塾に通うのが中学受験の対策以来だったので、塾に通うことで自由時間が減り、自分の生活が大きく変わることに適応できるのか不安がありました。

また、苦手な英語も、一番上のクラスに入ることのできるボーダーの偏差値はギリギリ超えていたので、悩みながらもそのクラスを選択したのですが、入塾直後に受けた小テストで50点中14点をとってしまい、ついていけるのか、不安も感じました。

勉強を進める中で、不安を払拭できましたか?

はい。塾の授業で予習課題を出してもらったり丁寧に解説が書かれたプリントをもらったりできたので、それに沿って予習復習をすることでリズムが作れ、時間の管理で苦労することはほとんどなく学習を進めることができました

英語に関しても、入塾前から惹かれていた先生の授業が受けられている嬉しさもあり、できなくて落ち込むのではなく、「スタートが少し遅れているからこそ、ここで成績をあげてやろう」というエネルギーが生まれました。なのでこちらは不安が払拭されたというよりは、良い刺激となって残り続けた感じですね。

塾での授業が、学校のプラスアルファとして効率的に作用

受験生時代どのようなスケジュールで勉強されていましたか?

コロナ禍で制限はありましたが、学校と塾を利用して勉強していました。学校には1日も休まずに通い、塾の授業がある日は塾の自習室も有効活用して、集中して勉強しましたね。なので、自宅では、もちろん勉強もしましたが、スマートフォンを制限するなどはせず、ゆったりと自由時間をとっていました。

塾や自宅、学校の授業の合間には、1人で塾の予習や復習をし、自習しました。学校では放課後、数人で集まり、黒板を使って難しめの問題を解きながら議論をしたり、一緒に用語の暗記をしたりました。

高校2年生では英語のみの受講だったので、河合塾に行くのは週に1日でしたが、3年生では数学と化学も受講したので、模試なども含め、週に4日は通っていましたね。

休日は、平日より2時間程度遅い時刻に起床していたことと、学校に行っている時間を家や近所のカフェなどでの自習に充てたこと以外、平日と大きく変わらないスケジュールで過ごしていましたよ。まとまった時間が取れるので過去問演習を行なっていました。

<道橋さんの受験期の1日の過ごし方>
塾がある日

塾がない日

河合塾に通って、苦手を克服できた科目はありますか。

一番伸びを感じたのは英語です。塾の予習・復習が学校の授業のプラスアルファとして効果的だったのももちろんですが、3年生になると、授業が、テストを解いて、解いた問題の解説を聞く形になり、そこで東大入試によく似た問題に数多く取り組めたことで実戦力を身につけられたと思っています。また、答案の添削がとても詳しくて、先生が書いてくれた英文和訳の減点ポイントがとても参考になりましたね

他の科目に関しては、予備校の授業はいかがでしたか。

数学と化学も、英語と同じく一番レベルの高い「ONE WEX」レベルの授業を受講する中で、実力がつきました。

数学も英語と同じようなテストゼミの形式でした。予習テキストを自習時間にこなし、授業でテストを解いて、わからなかった問題をあとから見直して復習していました。完答ができない問題でも、考え方の道筋を示して部分点をもらうことが数学では重要になってきます。そのような練習ができたのが良かったですね

化学は、授業で渡される問題の質が高かったのが印象的で、何度も解いていましたね。また、授業の中で難易度の高い入試の過去問題を次々と解くことができました。自習では東大に近い過去問を解くことに時間が持っていかれがちだったので、この授業を通して併願先の慶應義塾大や早稲田大の問題形式に触れられたことは、受験に大きく役立ちました。

成績の推移を教えてください。

河合塾の模試で比較すると、高校1年生の夏に受けたものの偏差値が、総合で74と、3年間で一番高かったんですよね。その後も、2年生までの間は、67~74くらいの間で、一定の水準をキープできていました。ただ、高3になって一発目の模試で、63に下がってしまいました。自宅受験の模試だったので、どこまで信用できるデータかわからないというのもありましたし、浪人生が入ってきた時期なのでそんなに落ち込みませんでしたが、焦りはありましたね。その後はまた一定して65以上の偏差値を取れるようになりました。

総じて安定した偏差値を取れていたんですね。

そうですね。ただ、科目ごとに得点の差があって、得意な数学の点数に頼っている部分が大きかったんです。しかし数学は点数に波が生じやすい科目なので、偏差値が安定しているから安心するわけではなく、英語や理科の点数をコツコツあげることを意識して勉強に励んでいましたね

苦手だった英語のおかげで救われた

共通テストの結果と、結果を受けての感想を教えてください。

点数は、771/900点でした。東大の出願ができる点数で安心する一方、合格ラインよりは低かったので、二次試験は頑張らなければと気が引き締まりましたね。同時に、それまでは理科一類を志望していましたが、合格最低点がより低い理科二類を第一志望に変更することを決めました。

経済学にも興味があったので、後期には一橋大学の経済学部にも出願するつもりだったのですが、そちらは足切りギリギリのラインで、出願するか迷っていました。

教科ごとに見ると、一番悪かったのが英語リスニングの78点、一番良かったのが数Ⅰ・Aの97点と英語リーディングの97点でした。他科目は80点台が多く、よく言えばどの教科も大きな事故なく得点できましたが、悪く言えばどの教科でも想定より少し点数を落としてしまいました

二次試験に向けての対策について教えてください。

ひたすら過去問演習をしていましたが、科目ごとに比重を変えていましたね。理科は浪人生に比べて演習量が少ない自覚があったので、赤本に加えて東大物理の過去問25年分が収録されている問題集を買って、過去問には載っていない問題も解くなど、重点的に取り組みました。

合格を知ったときの気持ちはいかがでしたか。

それはうれしかったです。僕は学校のテニスコートで、友達とテニスをした後に合格発表を見たんですよ。夜に寝られないくらい前日から緊張しており、当日家にいても気が滅入ってしまいそうだったので、気晴らしに友達とテニスをしに行き、一緒に結果を見ました。自分の中で手応えと自信はあったので僕は泣かなかったのですが、友達が泣いていましたね(笑)

二次試験の実際の得点はいかがでしたか。

本当に英語に救われていましたね。得点率が高い順に、英、国、理、数でした。数学は、自分の中では手応えがありましたが、実際の点数は思っていたのよりも20点ほど低かったですね。なので、英語ができていなかったら落ちてしまっていたかもしれません。

また、僕の得点は理科一類と理科二類の合格最低点の間だったんです。共通テストが終わった段階になって志望を変えることに抵抗もあったのですが、結果的に、「あの時、勇気を持って変えて本当によかった」と思いましたね。

合格を手にして改めて、河合塾の魅力はどこだと感じますか。

まずは、講師の方々が、過去に合格した先輩たちのデータをもとに指導をしてくれるところです。自分で勉強しているだけでは手が届かない解答テクニックなどを教えてもらったことが合格のカギになったと感じています。

さらに、塾の雰囲気が自由だというのも魅力だと感じています。僕の通っていた大宮校は席順も自由でしたし、チューターの方が大学生だったので話しやすかったですね。座席指定の予備校もあると思うので。先生方も優しい雰囲気で質問もしやすく、校舎全体で生徒が居心地のよい場所を作ってくれているような気がしていました

648 淡水パール×インカローズ×ローズクォーツ 天然石 お守り ストラップ勉強時間も確保されますし、勉強方法も確立されていきます。僕のように、自分で計画を立てて勉強することが苦手だったり、1人で勉強するとだらけてしまうなと感じている人は特に、一度足を運んでみてほしいですね。

値下げ!グッチ GUCCI スプリングコート ジャケット 38

共通テストが始まって間もない中で、過去問も少なく不安があるかと思うのですが、そのような一見不利な状況も見方を変えれば良い点も見えてくると思います。例えば僕の年の場合は大学が配慮してくれて、多くの入試で数Ⅲが出題されませんでした。また、浪人生の出願者が例年に比べれば少なかったようです。

なので、どんな状況でも多方面から見ることを忘れずに、良いところに目を向けてモチベーションをアップさせ、頑張ってほしいなと思います。

【道橋さんが通った河合塾高校グリーンコースの案内はこちら】
vintage カーディガン




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート